猫が脱走する理由と防止方法

迷い猫捜索方法と捜索手順|ペット探偵|猫探偵

飼い猫が脱走する理由飼い猫が迷子になってしまう理由)
飼い主様は大切に飼っていた猫がいなくなった時に、あんなに可愛がっていたのに何で出て行ったのだろうと思われるのではないでしょうか。
飼い猫が脱走する理由(飼い猫が迷子になる理由)は下記のようにいくつかが考えられます。
たまたま外に出られる機会があったとき
窓が開いていたから、玄関が開いていたから、ただ何となく出でしまい帰り方がわからなくなり外に興味を持ってしまった。
飼い猫がいなくなった理由として一番多い理由です。
普段から窓やベランダから外を見ていることがある飼い猫は、安全なテリトリーの内よりも好奇心がまさってしまう事があります。
玄関のちょっとしたすき間から出て行ってしまう事や、窓やベランダにいるときに鳥や虫などを追いかけてジャンプして出て行ってしまう事があります。
私達が捜索依頼の相談を聞いた、家からの脱走経路で多かったのは以下になります。

飼い猫が家から脱走した経路
家の玄関やドアからの脱走
窓からのジャンプ
ベランダからのジャンプ
逃げた経路がわからない

発情期のとき
猫の発情期は年2回から3回と言われています。3月前後と9月前後が一般的と言われていますが、地域や生活している環境によって変化するようです。
発情期の猫は落ち着きがなくなり、いつもと違う鳴き方をすることがあります。
興奮して勢いよく外に飛び出してしまうことや、外にいる交際相手を探しに出かけて行ってしまうことがあり、そのまましばらく帰ってこない場合があります。
今いる場所にストレスを感じているとき
猫は自分のテリトリーを重視しています。
引っ越しをしたばかり、動物病院などに行ったとき、旅行などでホテルや旅館に泊まったときなど、猫がその場所をテリトリーとして認識していない場合や、新しく他の猫、または犬などを家族に迎えたときなど、他の動物との相性や何か恐怖や不快感があった場合に出て行ってしまう事があります。

私達が捜索依頼の相談を聞いた、馴染みのない場所で飼い猫が逃げた時に多かったのは以下になります。

馴染みがない場所からの脱走場所
引越したばかりの新居
実家、知り合いの家
旅行先
動物病院 ペットホテル

体調に異変があるとき
猫は本能的に体調不良の時でもその事を表に出しません。
これは、テリトリー争いなどで戦うことが有った時、相手の雄に体調が悪いことを見破られなくするための名残です。

猫は病がある時やけがをした時は、本能的に誰にも見つからない場所を探して、体調が回復するまでじっとしています。
交通事故にあってしまい動けなくなってしまったとき
本来なら素早く動いて車をよける事ができる猫も、時として車のライトやクラクションに驚いてしまい、その場から動けなくなってしまう場合があります。
そうして交通事故に巻き込まれてしまう猫が多くいます。
交通事故に巻き込まれて動けなくなってしまった猫はとても多く、行政も把握できていないほどです。

飼い猫の脱走防止方法
飼い猫がいなくなってしまう理由は上記のような様々な理由があります。
少しでも猫が安心して暮らしていけるように脱走防止策には細心の注意を心がけましょう。
私たちアニマルサーチも以下の様な工夫をして脱走を防止しています。
飼い猫の脱走経路をなくしましょう。
家から猫が逃げる経路として考えられるのは玄関、窓、ベランダ等です。
ほとんどの飼い猫はこの経路から脱走しています。
脱走経路をなくすことが一番の防止策になります。

開け閉めが多く、脱走頻度も多いのが玄関です。
家から脱走した迷い猫の7割近くは玄関やドアから脱走しています。
一番の防止策は二枚扉の玄関を設置することですが、そうそう簡単には出来ません。
現実的に出来るのは玄関の前や猫部屋の前にゲートを付けることでしょう。
ゲートは多数の種類がありますが、なるべく背の高いゲートを設置することが理想です。
猫のゲート

次に脱走頻度が多い窓、ベランダです。
飼い猫がベランダに出る事が好きなので出して遊ばせていたらいつの間にかいなかったとの捜索依頼が頻繁にあります。
最近は猫専用の脱走防止窓用柵や窓用枠などがあるのでそれを利用するのが良いと思います。
多数の種類が出ていますので、窓の状況に合わせて設置しましょう。
猫の脱走防止窓枠

外で飼い猫が逃げる原因。
車の窓、車のドアから逃げてしまった。
飼い猫とともに移動する時にキャリーバッグ内の飼い猫が気になって、すきまから中をのぞいたらすごい勢いで出てきてあっという間に逃げてしまった。
飼い猫を散歩させようとして、ハーネスを付けて公園などに連れて行ったら暴れてハーネスが外れて逃げてしまった等が多いです。

車で移動中に逃げてしまった場合で多いのは、車の中で不用意にキャリーバッグを開けてしまい、びっくりした猫が飛び出してしまう状況が考えられます。
猫はキャリーバッグから車内に出された状況を喜びません。
恐怖や不安のためストレスを感じている状況です。
その状況で窓やドアなどが開くと一目散に逃げて行ってしまいます。
車の中でキャリーバッグから猫を出すのは絶対にやめましょう。

キャリーバッグに入れられた猫はいつもと違う状況に不安を感じています。少しでも油断すると今いる場所を確認もせずに、猛ダッシュで外に出ようとします。
外でキャリーバッグのカギを開けることは絶対にやめましょう。

猫は犬と違い基本的に散歩などでテリトリー以外の場所に行くことは喜びません。
ハーネスを付けて外に出す、散歩などは猫のストレスになるだけです。絶対にやめましょう。

テリトリー外で迷い猫、迷子猫になってしまった場合は状況にもよりますが、捜索範囲も広くなる場合が多く発見も困難になる場合があります。
飼い猫を外に連れ出す場合は細心の注意を心がけましょう。

私達が捜索依頼の相談を聞いた、外でいなくなった迷い猫の脱走経路で多かったのは以下になります。

飼い猫が外にいた時の脱走経路
キャリーから脱走
車の窓やドア
抱いていたら暴れて
リードを付けて散歩中

ネームプレート付きの首輪をしていた迷い猫の発見保護率は、数パーセントですが向上します。
飼い猫の名前と連絡先を首輪に記入した方が発見保護につながります。

迷子猫捜索のご依頼とお問い合わせ
 0120-811-622
mail form