迷い猫の捜索方法

迷い猫探しのプロが行う捜索方法|猫探偵

迷い猫の捜索方法

迷い猫の捜索は経験が重要になります。
猫探偵アニマルサーチ社は、迷い猫の捜索を経験と実績がある動物取扱責任者が必ず行ないます。
動物取扱の資格を持っていないアルバイトなどの捜索員がお伺いすることはありません。
 飼い主様にヒアリングした迷い猫の行動習性をもとに、失踪状況を分析して捜索方針を決定します。
 制作したポスターとチラシによる聞き込みやポスティングで、迷い猫の情報収集を行います。
 目視捜索による地域状況の確認と予測による潜伏場所の詳細捜索を行います。
 目撃情報があった場合や、確率の高い潜伏予測先があった場合は、予測範囲を絞り込み捕獲器を設置します。(状況に応じて数台の捕獲器を設置します)

捜索手順を実行しても目撃情報が得られなかった場合は、環境を考慮して目線を変えながら捜索範囲を少しずつ広げて、捜索手順を繰り返していきます。

迷い猫の性格や年齢、種類、体調、地形、天候、失踪日からの経過日数等により捜索手順を変更することがあります。
捜索時に打ち合わせをしながら詳細を決定します。

迷い猫を探す時間帯は、猫の行動時間と同じく、夏なら夕方から明け方、冬なら朝から夕方にかけて行います。
猫が活発に行動する気温は15℃から25℃と言われています。
猫は夜行性だからと思って、冬の寒い時でも夜を中心に探すのは間違いです。
外で生活している猫達は、暑いときは人目の届かない涼しい日陰でくつろぎ、寒いときは暖をとれる場所でじっとしています。

その他状況に対応して、迷い猫捜索の専門家としてさまざまな捜索をします。
猫と人間の関係や動物行動学を熟知して、多くの迷い猫を発見保護してきた動物取扱責任者が、猫が隠れている場所や行動していると思われる場所を専門家の目線で捜索をしていきます。
捜索期間終了後も、頂いた目撃情報は迷い猫の保護に至るまで責任を持ってご連絡いたします。

迷い猫捜索は迷子になってからの対応が早いほど発見率も上がってきます。
早めの捜索依頼をご検討ください。

関連機関に連絡しましょう。
保健所動物愛護センター警察署清掃局(市、区役所)に連絡しましょう。
清掃局は万が一交通事故などの事故により動けなくなった猫を引き取る機関になります。市役所(区役所)に連絡すればその地区の各連絡先を教えてくれます。
上記の機関にはそれぞれ役割があります。できるだけ早めに各関連機関に問い合わせをしましょう。

近くの動物病院に連絡しましょう。
迷子猫が他の猫とのけんかや、何かの事故にあった場合は、動物病院に預けられている場合があります。
近くの動物病院に連絡をして飼い猫の特徴を伝えましょう。

迷い猫捜索のご依頼とご相談
0120-811-622
mail form