迷い猫捜索の解決事例

迷い猫捜索事例 ミクちゃんの場合

マンションの4階玄関より室内飼い猫のミクちゃんが脱走したとの連絡があり、迷子猫捜索に向かいました。
マンションは完全オートロックの為、ねこでさえ外に出ることが出来ません。
マンション内をくまなく探しましたが捜索1日目はミクちゃんの姿は確認できませんでした。
絶対にマンション内にいると確信して捜索2日目もマンション内をくまなく捜索すると、人が入ることが出来ない狭い通気口からミクちゃんの顔だけがひょっこり出ていました。
やっとミクちゃんの姿を確認しましたが、そこは人が入れない狭い通気口です。
通常使っている捕獲器も大きすぎて隙間には入りません。
急遽、小さめの捕獲器を買いに行って隙間に設置。
ミクちゃんが2日後にやっと捕獲器に入ってくれました。
なんとか無事保護できました。
マンションの迷いねこは通気口などの狭い場所に隠れていることが多いです。

ペット探偵 猫探偵の迷い猫捜索事例 ミクちゃんの場合

迷い猫捜索事例 ミクちゃんの場合(メス 6歳)