猫探偵が夜の迷い猫探しをする時に使う、ライトと照らし方

ペット探偵|猫探偵が夜の迷い猫探しをするときのライトの使い方

夜の迷い猫捜索にはライトが必ず必要になります。
ライトは迷い猫の姿や動きを照らすだけではありません。
猫の目は暗い中で光が当たると目の構造上、光が反射してキラリと光ります。
たとえ50メートル離れた場所からライトを照らしても、キラリと宝石の輝きのような光が反射します。
私たちペット探偵が夜の時間帯に迷い猫の捜索活動を行う場合は、ライトの照らし方を工夫しながらその眼の反射光を探します。
夜の捜索時に距離の離れた迷い猫をライトの光だけで発見するのは非常に難しいです。
ですが迷い猫の目の反射光を探すのは比較的容易です。
夜の迷い猫捜索時10メートル以内はライトで迷い猫の胴体や動きを探し、それ以上の距離は目の反射光を探しましょう。
1つ注意しなければいけない事があります。
猫の目は人の目と比べて7分の1の光量でじゅうぶん見えるように出来ています。
強すぎるライトの光を絶対猫の目に当てないようにして下さい。
猫の目が見えにくくなってしまいます。
500ルーメン以上のライトは使わないようにして、300ルーメン~400ルーメン位のライトで捜索しましょう。
迷子猫捜索のご依頼とお問い合わせ
 0120-811-622
mail form