猫探偵が捜索に使用する5つの道具

  • HOME
  • 猫探偵が捜索に使用する5つの道具

猫探偵が捜索に使用する5つの道具
猫探偵・アニマルサーチは、迷い猫捜索の際に専門的な道具を使用します。
専門的な道具を使用することで、迷い猫の発見・保護の確率が大幅に上がります。

夜間や暗い場所で迷い猫を捜索する時に使用するLEDライト

夜間や暗い場所で迷い猫を探す時に、必ず使用するのがLEDライトです。
LEDライトを照らすと、光が反射して猫の目が光る場合があります。
猫の存在が確認できます。
迷い猫の捜索時に、LEDライトの明るさは300ルーメン前後が適切だと思います。
猫の目は強い光りに強くありません。
外国製のマグライトなど、500ルーメンを超える大光量の懐中電灯は、猫の目を悪くする危険があります。
300ルーメン前後でも迷子猫捜索には十分すぎる光量です。
明るすぎない懐中電灯を使用しましょう。

迷い猫の潜伏場所を確認するトレイルカメラ(暗視カメラ)

迷い猫を探すときに、目視で確認出来ない場所や暗い時間など、迷い猫が潜伏していないかを確認することが出来ます。
赤外線により暗いところを撮影する事が出来るので、夜でも迷い猫の写真や動画を撮影することができます。

安全に迷い猫を保護するアニマルキャッチャー(捕獲機)

迷い猫を安全に保護する捕獲器です。
警戒している迷い猫を素手やネットで捕獲することは難しい場合があります。
多くの動物保護ボランティア団体でも使われているアニマルキャッチャーは、安全で確実に迷い猫を保護することが出来る必要な道具です。

迷い猫捜索時に遠くを確認する双眼鏡

高い木などに登ってしまった迷い猫の姿を確認したり、遠い場所にいる猫や足跡を確認する時に使用します。

迷い猫の行動範囲を把握する近辺地図

近辺の地図は、迷い猫捜索時に絶対必要なアイテムです。
迷い猫の失踪地点を中心に逃げた方向、目撃地点などをチェックしながら迷い猫の行動範囲をチェックします。
また、迷い猫捜索用のチラシなどを撒いた場所などを、重複しないようにチェックしたりします。
その他発見・保護につながりそうな情報を書き込み、飼い主様と共有します。
住宅地図

・道具ではないですが、迷い猫が好きなチュールなどのおやつ。
迷い猫とばったり遭遇した時に、持っておくと保護できる可能性が上ります。

猫探偵・アニマルサーチ社
第一種動物取扱業登録
21 東京都 保 第 102379 号
動物取扱責任者 川本

所在地
〒184-0004 東京都小金井市本町 6-9-17
連絡先