迷い猫ってご飯はどうしているの?心配です

飼い猫が迷子になった時、飼い主様は飼い猫のご飯の心配をすると思います。

決まった時間に、与えられたご飯を食べていた飼い猫が、自分の力だけでは何も食べることが出来ないのではないかと考えてしまうでしょう。

室内で飼われていた迷い猫は、外に出てしまった当日や翌日は、いつもと違う環境に警戒して、ほとんど何も食べる事ができません。

まわりの様子をうかがって、じっとしている場合が多いです。

周りの環境に慣れ始めたころから、少しずつ水とご飯などの食糧を探し始めます。

しかし、今まで自分で捕食したことがない飼い猫が、いきなり虫や小動物などを、食べ物と認識することは難しいことです。

たまたま近くに人が作った餌場が有ったり、運良く誰かからご飯をもらえれば良いのですが、そうそう上手くはいきません。

迷い猫が最初に口にする食べ物は、草の場合が多いです。

猫草などもそうですが、草を好む猫はたくさんいます。

いなくなって1ヵ月程経って保護された迷い猫は、糞に草が多く含まれている場合があります。

とりあえず草を食べて、飢えを満たしながら周りの環境を少しずつ把握します。

その後は、草と比較的動作の遅い虫や小動物などを食べたり、ゴミなどをあさったりして、人が残した食べ物を食べるようになります。

迷い猫が子猫の場合は、自分で食料を確保することが難しいので1日1日が心配ですが、生まれて半年以上たった成猫の場合は、10日間程度の間に飢えで倒れてしまう事は少ないと思います。

そして、食べられる草が多い場所や、他に食べ物を確保できる場所が、だんだんと迷い猫のテリトリーになっていきます。

飼い猫が迷子になって1、2週間間は、食事状況を、過度に心配しなくてもいいと思います。

しかし、外の環境は過酷です。

ケガなどをして、体の自由が利かなくなれば一気に体力が消耗されて、自分で食べ物を採ることが出来なくなります。

迷い猫が見つからない場合は、なるべく早く保護して、安全な環境に戻してあげることが必要です。

猫探偵・アニマルサーチ社
第一種動物取扱業登録
21 東京都 保 第 102379 号
動物取扱責任者 川本

所在地
〒184-0004 東京都小金井市本町 6-9-17
連絡先